米空軍、百年の爆撃機の運用に向け準備

B-52. 写真:ウィキメディア
B-52. 写真:ウィキメディア

アメリカ空軍は、最新のステルス爆撃機であるB-21 レイダーの導入と同時に、ベテランのB-1 ランサーおよびB-2 スピリットの退役を計画しており、新たな時代の幕開けを迎えています。この移行は、国の爆撃機隊の更新と強化を目指す野心的な計画の一環です。

来る10年間で、空軍は最新型のB-21を少なくとも100機、そして近代化プログラムの一環としてアップグレードされる76機のB-52で構成される艦隊を設立することを目指しています。この見直し計画は、48.6億ドルという驚異的な額で評価されており、1962年に最後のB-52が納入された際には20年の運用が見込まれていたことを考えると、約2060年までB-52(現在はB-52Jとして指定)を運用し続けることを目指しています。これは、2023年11月の国防総省監察官の報告で強調されたことです。

B-21 レイダー。写真:ウィキメディア
B-21 レイダー。写真:ウィキメディア

B-52Jの近代化には、1960年代のプラット・アンド・ホイットニー TF33 エンジンを、ロールス・ロイスが製造するより現代的なF130エンジンに交換することが含まれます。これは、26億ドルの予算で行われる商業エンジン交換プログラムの一部です。最初のアップデートされたB-52Jは、2028年末までに地上および飛行テストを開始する予定で、2030年代を通じてさらに多くのB-52が新しいエンジンを受け取ることになります。

エンジンのアップグレードに加えて、B-52Jは、新しい最新のレーダー、改良されたアビオニクス、遠隔核攻撃用のロングレンジ・スタンドオフ兵器、通信のアップグレード、古いアナログダイヤルのデジタルディスプレイへの交換、新しいホイールとブレーキなど、他にも多くの重要な改良が施されます。

現在、1954年から1962年の間に建造された744機のストラトフォートレスのうち、わずか10%が運用中で、そのミッション能力率は年々低下しており、2012年の78%から2022年には59%に減少しました。

ベトナム戦争中のB-52、1960年。写真:フリッカー
ベトナム戦争中のB-52、1960年。写真:フリッカー

この近代化は、単に飛行機を飛ばし続けるだけでなく、米国とその同盟国に対する空域拒否を行う可能性のある敵との将来的な紛争に備えるためのものです。予想される変更により、アメリカ空軍は、新しいB-21や再活性化されたB-52など、爆撃機がグローバルステージで発生する可能性のあるあらゆる挑戦に対応できるようにすることを目指しています。

出典: DefenseNews

  • arrow