BMW、新型R 12 nineTとR 12を発表、写真、動画、燃費、及び技術仕様

BMWが新型R 12 nineTとR 12を発表 BMWが新型R 12 nineTとR 12を発表

BMWは、1,170cm³のボクサーエンジンを搭載したクルーザーロードスターをラインナップに追加

+ R 12 nineTとR 12の発表動画を見る

BMWは、ロードスター(ネイキッド)R 12 NineTとクルーザー(カスタム)R 12という、二つの新モデルを発表しました。
これら二つはいくつかの部品を共有していますが、異なる特徴を持っています。

ロードスター R 12 Nine T

BMW R 12 nineT
ロードスター R 12 Nine Tは、都市での使用や旅行に適したバイクです。ミニマリストで伝統的なデザインを採用しており、丸いヘッドライト、足の間にフィットするタンク、小さなシート、フロントフェンダーは短くて車輪に近い、リアフェンダーは高く、短くて上向きのテールを備えています。

このバイクはまた、左側に短いエンドキャップを備えたダブルエキゾーストと、調整可能なインバーテッドフロントサスペンション(上部チューブは金色に塗装)を備えています。ブレーキはブレンボで、前面にダブルディスク、後面にシンプルディスク、ホイールはスポーク式です。

R 12 NineTは、2013年に海外で発売され、2014年から2015年にかけて短期間ブラジル市場で販売された、R 1200 NineTと似たモデルから明らかにインスピレーションを受けています。

クルーザー R 12

BMW R 12
一方、R 12は、大型カスタム R 18に対する小型で手頃なオプションとして登場します。
都市使用に加え、旅行にも適しています。より大きく涙滴形のタンク、二段階の高さを持つシート、NineTと同じフロントフェンダー、カスタムスタイルのリアフェンダー(しかしヘルメットスタイルではない)、サスペンションチューブは黒に塗装されています。
ダブルエキゾーストはロードスターと同じですが、ホイールはアロイ製です。

BMWによると、両モデルに使用されているシャシー(フレーム)は完全に新しいものです。また、両方とも同じインストルメントパネルを使用しており、これは多くのBMWバイクに見られる大きなスクリーンとは異なり、小さく控えめな長方形のスクリーンで、ハンドルバーのすぐ前に配置されています。

それぞれのモデルは3色のオプションで販売されます。R 12 Nine TはBlackstorm Metallic、San Remo Green Metallic、Option 719 “Aluminium” with Night Black solid paintのオプションがあります。

一方、R 12はBlackstorm metallic、Aventurine Red metallic、Option 719 “Thorium” in Avus Silver metallicの色で提供されます。これらは黒のメタリックまたはソリッド、緑、赤、シルバーの名前です。

仕様詳細

エンジン: 空冷/オイル冷却式の2気筒ボクサーエンジン
最大出力: R 12 nineT 109馬力 7,000 rpm
R 12 95馬力 6,500 rpm
最大トルク: R 12 nineT 115Nm 6,500 rpm
R 12 110Nm 6,000 rpm
フレーム: 一体型チューブラースペースフレーム構造、ボルト固定式リアフレーム
排気システム: 左側にダブルサイレンサーとテーパードエンド
排気システム: 左側にダブルサイレンサーとテーパードエンド
ドライブモード: R 12 nineTでは「Rain」「Road」「Dynamic」、R 12では「Roll」「Rock」
照明: フルLED

寸法

R 12 nineT R 12
全長 2,130 mm 2,200 mm
全幅 870 mm 830 mm
シート高 795 mm 754 mm
重量 220 kg 227 kg
燃料タンク容量 16 l 227 14 l
燃料消費率 (WMTC) 100 kmあたり 5.1 l 100 kmあたり 5.1 l

タイヤ

R 12 nineT R 12
前輪: 120/70 ZR 17 100/90-19
後輪 180/55 ZR 17 150/80-16

写真ギャラリー:BMW R 12 nineT

写真ギャラリー:BMW R 12

写真:BMWの発表

  • arrow