ビデオ:エアバスがサウジアラビアの砂漠でH175M軍用ヘリコプターの性能を披露

H175MH175M。写真:Twitter AirbusHeliより

エアバス・ヘリコプターズの軍用機種の最新メンバーであるH175Mは、地球上で最も過酷な環境の一つへ飛び、遠方への能力を証明しました。

+ ビデオを見るにはこちらをクリック

どんなヘリコプターにとっても、より遠くへ飛ぶ能力は大きな利点ですが、エアバス・ヘリコプターズのユーティリティ市場部門マネージャー、アラン・フジットによると、武器システムの進化と戦闘の変化により、長距離飛行と空中での長時間滞在が絶対に重要になっています。

「H175Mは戦場の最前線まで長い距離を飛ぶことができます。」

ウクライナで見られるように、長距離射撃がますます正確になり、距離も伸びています。今日、0から80キロメートルのゾーンは、敵の砲兵から80キロメートル以内にいるとすでに危険にさらされていることを意味します。

ヘリコプターはより遠くからスタートする必要があります。これが、このヘリコプターの射程、自律性、技術レベルが真に優れている理由です。」

フジットによると、サウジアラビアでの飛行は、H175Mが砂漠のあらゆる条件に対応できることを証明しました。

砂漠では砂嵐に見舞われることがあり、強風や激しい乱気流に直面しましたが、ヘリコプターは良好な性能を発揮しました。

砂は敵ですから、ヘリコプターには砂対策フィルターが装備され、行った飛行でうまく機能しました。これにより、砂丘に着陸でき、フィルターがエンジンを保護する役割を果たしました。

H175M。写真:Twitter AirbusHeliより H175M。写真:Twitter AirbusHeliより

過酷な条件に快適に対応するだけでなく、これらの飛行は、乗客を涼しく快適に保つことができるヘリコプターであることも証明しました。これは軍事要員にとって絶対に不可欠です。

「このヘリコプターには広いキャビンと標準モデルよりも大きな貨物室があり、必要なものを持ち運べます。担架やその他のキットを運ぶための十分なスペースがあります。超中型レンジでは、15人の兵士やコマンドを運ぶことができるので、非常に多目的に使用できます。」

写真とビデオ:Twitter @AirbusHeliより

  • arrow