ウクライナ空軍が3機のロシア製Su-34フルバック爆撃機を撃墜したと主張

Sukhoi Su-34
Sukhoi Su-34. Photo: Wikipedia

ウクライナ空軍は、ロシアのSu-34フルバック爆撃機3機を撃墜したと発表しました。

+ ビデオ:アビアスター、新型軍用輸送機Il-76MD-90Aを納入
これが確認されれば、これは最近の時期におけるロシア空軍の最も重要な損失の1つとなります。また、まだ確認されていないが、アメリカ製の地対空ミサイルパトリオットが機体の撃墜に使用された可能性があるとの噂もあります。

+ 動画: 長距離誘導爆弾を搭載したsu-34爆撃機

情報はウクライナ空軍の公式ソーシャルメディアアカウントを通じて公開され、Su-34Mが南に向かって飛行中に撃墜されたと述べています。ただし、この行動で使用された武器の詳細は指定されていません。

Força Aérea Ucraniana Reivindica Abate de Três Caças-Bombardeiros Russos Su-34 Fullback
一方で、ロシア当局はこれらの損失をまだ確認しておらず、ウクライナの主張を独自に確認することができなかったという、The War Zoneなどの独立した情報源もあります。同時に、ロシアの航空軍とのつながりで知られるTelegramのFighterbomberチャンネルは、「少なくとも1機の”戦闘での損失”」が存在すると報告し、捜索および救助作業が進行中であると述べています。

さらに、ロシアのTelegram情報源は、確たる証拠はないものの、これらの撃墜がウクライナの南部、特に現在の紛争地域であるKherson地域で発生した可能性があると指摘しています。

ソーシャルメディアでは、事故現場の一部を示すとされる画像が広まり始めています。これらの写真は、Mi-8/Mi-17 Hipシリーズのヘリコプターで急速に到着したロシアの人員によって撮影された可能性があると考えられています。

  • arrow