ウクライナ空軍、ロシアのSu-34フルバック戦闘爆撃機3機を撃墜と主張

スホーイSu-34
スホーイSu-34。写真:Wikipedia

ウクライナ空軍は、ロシアのSu-34フルバック戦闘爆撃機3機を撃墜したと発表しました。

もしこの行動が確認されれば、これは近年におけるロシア空軍にとって1日で最も重大な損失の一つとなるでしょう。また、アメリカ製のパトリオット地対空ミサイルが使用された可能性についても、まだ確認されていない憶測があります。

+ 長距離誘導爆弾を搭載したSu-34爆撃機のビデオ

この情報はウクライナ空軍の公式ソーシャルメディアアカウントを通じて公表され、Su-34Msが南方向に飛行中に撃墜されたと述べられています。しかし、この行動で使用された兵器の詳細については明らかにされていません。

ウクライナ空軍、ロシアのSu-34フルバック戦闘爆撃機3機を撃墜と主張
一方、ロシア当局はこれらの損失をまだ確認しておらず、The War Zoneポータルなどの独立した情報源も、ウクライナの主張を独立して確認することはできていません。また、ロシア空軍との関係が深いとされるテレグラムのロシア語Fighterbomberチャンネルは、「戦闘での損失」が少なくとも1件あったと報告し、捜索救助活動が進行中であると述べています。

さらに、テレグラムのロシア語情報源は、確かな証拠はないものの、撃墜がウクライナ南部のヘルソン地域で発生した可能性があると示唆しています。この地域は現在の戦争において主要な衝突点となっています。

また、ソーシャルメディアでは、事故現場の一つを示すと主張する画像が流通しています。これらの写真は、Mi-8/Mi-17ヒップシリーズのヘリコプターで現場に急行したロシア人によって撮影されたと考えられています。

  • arrow